着物買取の相場について

着物買取の相場

着物買取の相場価格は、【着物の種類】や【生地の材質】、【色柄】、【年代】、【産地】、【作家】、【丈の長さ】、【状態】などで変わってきます。
沙也加

例えば、生絹(絹100%)で作られた着物なら、訪問着や振袖など値段が高い着物なら数千円~数万円、小紋など値段の安い着物なら数百円~数千円が一般的な買取相場です。

ウールや化繊(ポリエステルなど)の着物、シミや汚れが目立つ着物は値段をつけるのが難しくなりますが、業者によっては数百円~数千円で買取してくれます。

また、有名作家や伝統工芸品、ブランド品などの着物なら数万円~数十万円の値段がつく場合もあります。

着物はいくらで売れる?着物の相場を徹底調査した結果

高価買取されやすい着物は以下の通りです。
沙也加
  • 振袖など需要の高い着物
  • 正絹の着物
  • 色柄の良い着物
  • 10年以内に作られた着物
  • 有名産地の着物
  • 有名作家の着物
  • 丈の長い着物
  • シミなどで汚れていない着物

着物の持ち込み買取相場について

下記の値段は、着物に汚れや傷が無く、比較的最近(過去10年以内程度)に作られた着物の買取相場(持ち込みした場合)です。
沙也加
持ち込み品 買取相場
訪問着 10,000円
振袖 10,000円
付下げ 10,000円
袋帯 8,000円
色留袖 8,000円
8,000円
黒留袖 7,000円
小紋 6,000円
名古屋帯 6,000円
ウールや化繊(ポリエステルなど)の着物 0円
シミなどの汚れが目立つ着物 0円

着物買取店でも、汚れがひどくなると着物の買取価格は一気に下がってしまいます。

また、本来なら高く売れるはずだった着物でも、状態が悪いと数百円の査定額になってしまうので気をつけましょう!

人間国宝や伝統工芸品の着物の買取相場

持ち込み品 買取相場
由水十久(訪問着) 200,000円
宮古上布 200,000円
久保田一竹(訪問着) 100,000円
羽田登喜男(訪問着) 100,000円
芭蕉布 100,000円
玉那覇有公 100,000円
結城紬 100,000円
重要無形文化財 100,000円
龍村平藏(袋帯) 80,000円
百貫華峰(訪問着) 80,000円
牛首布(訪問着) 80,000円
琉球紅型 70,000円
久米島紬 60,000円
本場加賀友禅(訪問着) 50,000円~200,000円

着物の有名作家

着物の有名作家

  • 上野為二
  • 与那嶺貞
  • 中村勝馬
  • 久保田一竹
  • 久保耕
  • 伊達弥助
  • 北出与三郎
  • 北村武資
  • 古賀フミ
  • 喜多川平朗
  • 宗廣力山
  • 小宮康孝
  • 山田貢
  • 川島甚兵衛
  • 平良敏子
  • 志村ふくみ
  • 木村雨山
  • 松井青々
  • 柿本市郎
  • 森口華弘
  • 玉那覇有公
  • 田島比呂子
  • 由水十久
  • 羽田登喜男
  • 青木滋芳
  • その他多数

着物の伝統工芸品

着物の伝統工芸品

  • えぞ織
  • 丹波布
  • 久留米絣
  • 伊那紬
  • 八重山上布
  • 出雲絣
  • 友禅
  • 大島紬
  • 大石紬
  • 天蚕紬
  • 宮古上布
  • 小千谷紬
  • 本場久米島紬
  • 本場黄八丈
  • 本塩沢
  • 江戸小紋
  • 牛首紬
  • 琉球紅型
  • 琉球紬
  • 琉球絣
  • 紅型
  • 結城紬
  • 絞り
  • 綿さつま絣
  • 群上紬
  • 能登上布
  • 芭蕉布
  • 読谷山花織
  • 越後上布
  • 長井紬
  • 首里織

高額買取されやすい着物の特徴

光学で買取してもらえる着物には特徴があります!
沙也加

着物買取には色々な高額買取の基準があるので、照らし合わせてどれくらい期待できるか、前もって知っておくと、着物を売るか売らないかの正確な判断ができるようになるでしょう。

高額買取されやすい着物の特徴

  • 正絹の着物
  • 未使用の着物
  • 証紙がある着物
  • 汚れ・シワ・臭いがない着物
  • 丈が長い着物
  • 作家物・産地物の着物

高額買取されにくい・買取が難しい・引取になる可能性がある着物の特徴

需要がない着物・あまりにも状態が悪い着物は買取って貰えません!
沙也加

※下記の着物の場合、需要が低いため、着物買取店舗によっては査定すらしてもらえない所や、買取してもらえず引き取りになるケースもあります。

高額買取されにくい着物の特徴

  • 汚れ・傷み・臭いがひどい着物
  • 着物の素材が化学繊維など安価な物
  • 喪服や黒一色の着物
  • 155cm以下の小さすぎる着物

着物買取が安い理由について

着物買取が安い理由は【もともと古着は高く売れない】【着物人口の低下】【日本人の平均身長の違い】【クリーニング代が高い】です。
沙也加

着物買取は、もともと高く売れません!

質屋やリサイクルショップで着物を売ると1万~2万です・・・。

有名作家さんの作品や希少な着物は高値で買取されていますが、一般の着物の買取は需要が年々減っているため、とにかく買取価格が安い!

さらに着物はクリーニング代が2~3万円かかるため、着物にシミや汚れがあると逆に処分料を取られてしまう場合もあります。

だから30万円で買った成人式の振袖が少し汚れていただけで買取価格が1,200円になってしまうケースもあります・・・。

もともと古着は高く売れない

テレビの”なんでも鑑定団”の影響で、「掛け軸」「骨董」「切手」、そして「着物」は高く売れると思っている方が増えました。

でも、高く売れる着物は本当にごく一部です。

現代では「着物」というと特別な感じがしますよね?

でも、着物はあくまで「服」です。

つまり、売ろうとしているのは古い服=古着なんですよね。

古着だと考えれば、着物が高く売れない理由がわかってくるはずです

とはいえ、着物の中には素人の目では分からない名品があるのも事実です。

そういった名品と呼ばれる着物を見逃さないように、専門家の鑑定が必要なんです。

着物人口の低下

着物買取が安い一番の理由は、着物を着る人が少なくなったことが上げられます。

若い世代にリメーク着物が流行っているという話もありますが、着物業界の全体でみれば着物人口は大幅に減っています。

だから、商品名にある買取店舗が着物を買い取っても、需要がない=高く売れません。

その結果、着物は安く買取られてしまうのです。

日本人の平均身長の違い

昔の着物が売れない理由は、日本人の平均身長の違いが上げられます。

形見などでもらったお古の着物はサイズが小さいケースが多く、現代の背の高い若い世代では着れません。

実は日本人の平均身長って、昔よりも食生活が良くなったし、生活習慣も変わってきたから身長が伸びているんですよね。

昔は普通のサイズであった着物が、いまでは小さいサイズになってしまった場合も多々あります。

当然小さいサイズの着物には需要が少なく、これも古い着物が買い取れなくなった理由です。

クリーニング代が高い

中古の着物が安い理由の一つに【着物のクリーニング代】が高いという理由があります。

汚れた着物のクリーニングや修繕というのはとても値段が高く、染み抜きクリーニングは3万円、修繕となると5万円は下りません。

クリーニング代や修繕費を考えると、着物の売値は儲けになりません。

着物に詳しい人が丁寧に保管してきた着物であれば高値がつくのですが・・・。

例えば箪笥に入れっぱなしで虫干しもしていないような状態の着物だと、どんなにいい着物でも状態はよろしくありません。

こうなると必然的にクリーニングの必要があり、どんなに元は良い着物でも、高く買取ることができないのです。

お手持ちの着物を手間をかけずに簡単に売りたい方は【出張買取】を利用するのがオススメです!
沙也加

着物買取おすすめランキングにもどる

更新日:

Copyright© 着物買取Navi , 2019 All Rights Reserved.